労災について

当院で労災保険が使用出来ます

ほうてん駅前整骨院は労災医療指定機関として認定されていますので仕事中や通勤中の交通事故による怪我については、労災保険を使用することで、患者様の窓口負担金が0円で施術を受けていただく事が可能です。

労災保険を使用する主な事例

調理場で包丁で手を切ってしまった
工場勤務で機械の操作中に負った怪我
高所作業中に誤って落下してしまい体を強打
営業車で移動中に後ろから追突されてむち打ち
上記はあくまでも一例です。
勤務中や通勤中に怪我をしてしまった場合は軽い怪我、重度の怪我に関わらず労働災害となります。(一部の例外を除く。)

【労災保険使用の際の注意点】
労災の認定は労働基準監督署の判断を経てからとなりますので、ご利用になられる前にお勤め先にご確認いただき、その上でご相談下さい。

労災保険治療に必要な手続き

お勤め先の労災ご担当者様に確認

まずはお勤め先に怪我をした経緯を報告して、労災の認定がおりるかどうかをご確認下さい。
Arrow

必要書類の準備

労災の認定がおりるようであれば、お勤め先でもらえる「療養補償給付たる療養の給付請求書」という書類を受け取り、必要事項をご記入の上お持ちになってご来院下さい。

※業務災害と通勤災害では用紙が異なりますのでご注意下さい。

労災保険治療中の転院も可能

労災指定の整形外科に通っている最中で、当院に転院する事も可能です。
むち打ちなどレントゲンには写らない怪我もあるため、整骨院へ転院される患者様は多数いらっしゃいます。
ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。