JR船橋法典駅から徒歩3分。産後骨盤矯正・美容鍼・姿勢矯正・交通事故治療なら、ほうてん駅前整骨院へ

受付時間
9:00〜12:30 ×
15:00〜20:00 ×

※土曜の受付時間は、15:00~18:00となります。
※休診日:日曜日・祝日

047-339-9299

JR武蔵野線
船橋法典駅
徒歩3分

HOME > 部位・症状別 > 腰の痛み > 腰痛

腰痛

更新日:2022年06月13日

このような症状でお悩みではありませんか?|船橋市・市川市 船橋法典エリアのほうてん駅前整骨院

  • イスから立ち上がる時に腰に痛みがある
  • 前かがみになると腰に痛みが出る
  • 長時間同じ姿勢をしていると腰が痛くなる
  • 中腰での作業がつらい、仕事に集中できない
  • 寝起きや寝ているときに腰が痛くてつらい
  • 過去のぎっくり腰の痛みが残っている

腰痛とは

まず、「腰痛」とは疾患の名前ではなく腰部を主とした痛みや張りなどの不快感の症状の総称です。

そのなかでギックリ腰で関節を痛めてしまった腰痛やヘルニアとは違い、腰の筋肉や筋膜に対して負担がかかることで生じるものを「筋・筋膜性腰痛」といいます。

この腰痛はレントゲン等では異常がみられず足へのしびれや痛みはありません。スポーツでのストレスや、姿勢不良などの慢性的に筋肉や筋膜への持続的なストレスが生じた場合に痛みが起こります。

腰痛の原因

股関節などの柔軟性の低下

骨盤から股関節の柔軟性低下による運動制限があることがあげられます。

身体を屈めたり。反らしたりする際には背骨の骨だけでなく、股関節の動きが必要になります。特に股関節の前側にある筋肉の「腸腰筋」やお尻周りの「中殿筋」「大殿筋」、太ももの裏の筋肉「ハムストリングス」の柔軟性の低下が原因の一つと挙げられます。

股関節が動かない状態で無理やり腰を動かそうとすると周りの筋肉が強引に背骨を動かそうとするために腰に大きな負担をかけてしまいます。

姿勢不良や骨盤の歪み

骨盤が歪むことで姿勢が悪くなり、腰痛を引き起こす原因となります。

骨盤は少し前傾した位置になっていることが正常ですが、後ろに倒れ気味になってしまっている状態の「後傾」や正常よりも前傾してしまっている状態があります。

骨盤が前方に傾きすぎることで「反り腰」となり腰痛になりやすい歪みと言われています。

また骨盤が後ろに傾きすぎることで背中が丸くなりやすくなるため、「猫背」になりやすく肩こりになりやすいと言われています。

左右で傾きが異なることも腰痛の原因にあげられます。

腰やお尻周りの筋肉の左右差が強い場合に歪みやすく、疲れがたまった時など痛みが出やすくなります。

ほうてん駅前整骨院の腰痛の治療法

痛みをとる対症療法

骨格の調整

慢性的な腰痛は骨格が歪んだままになってしまい、周りの筋肉が硬直しやすくなってしまいます。

ほうてん駅前整骨院では、ポキポキする矯正ではなく、痛みの出ないソフトな方法で矯正いたしますので、ご安心ください。

鍼・ハイボルテージ治療器

痛みの出ている関節や筋肉の炎症を起こしている部位に「鍼治療」や「ハイボルテージ治療器」を使用し疼痛の緩和や動きの改善をしていきます。

痛みのでる原因を取り除く根本治療

姿勢矯正コース

腰痛の根本的な原因となっている骨盤の歪みから柔軟性の低下など、筋力のバランスの崩れを整えていきます。

筋肉は使いやすく常に頑張り続けてしまっている筋肉(アウターマッスル)となかなか使いにくくサボってしまっている筋肉(インナーマッスル)のバランスが崩れてしまうことで骨盤は歪みやすく、関節に負荷がかかりやすくなってしまい痛みが発生してしまいます。

そんな筋肉のバランスを整え痛みの出にくい身体にしていきます。

産後骨盤矯正コース

妊娠中や出産により骨盤が開いたままであったり、筋力の低下により股関節や腰に痛みが出てしまう場合は骨盤の矯正だけでなく妊娠中から落ちてしまった筋力や骨盤を閉めるための筋力をしっかりとつけていく「筋力回復プログラム」を行っていきます。

腰痛は、放っておくとどうなる?

ただの腰痛だと軽く考え、放っておいてしまうと「ぎっくり腰」や「坐骨神経痛」など起きやすくなってしまいます。

ギックリ腰

正式には「急性腰痛」といいます。荷物を持った瞬間や屈んだ瞬間など何かの拍子に急に腰部に痛みが走る疾患です。

慢性的な腰痛など、全身の筋肉の緊張が強くなってしまっていると起こしやすいです。

椎間板ヘルニア

ヘルニア

ヘルニアとは椎骨と椎骨の間の椎間板というクッションがあります。このクッションが飛び出してしまっていることをヘルニアといいます。

「ヘルニアがあるから腰痛なんだ!」ではなく、「腰痛」と「ヘルニア」をしっかりと鑑別していく必要があります。

坐骨神経痛

 

ヘルニア

坐骨神経痛とは腰からお尻、脚の先まで通っている太い神経のことでこの神経に沿って痛みやシビレが出ることを坐骨神経痛といいます。

特に多い疾患が「梨状筋症候群」といお尻の筋肉の一つである梨状筋により坐骨神経が圧迫されて下肢に痛みやシビレを起こしてしまいます。

たかが腰痛と考えないでください

たかが腰痛と考えてないでください。

上記に挙げたような症状は何気ない動作などでなってしまうことがあります。

どれも慢性的な腰痛がベースにあり、何かのきっかけや動作が引き金になり、「ぎっくり腰」などを起こしてしまいます。

慢性的な腰痛だからと軽く考えないで、一度ほうてん駅前整骨院までご相談ください。

▲ TOP