骨盤矯正・産後骨盤矯正

こんな症状でお悩みではありませんか?

慢性的な肩こりや腰痛がある
下半身が太ってきてどうしても気になってしまう
姿勢が悪いのを直したい
O脚、X脚で悩んでいる
ひどく疲れやすくなり、眠りも浅い
出産による骨盤の歪み
靴底の減り方が左右で明らかに違う
このような症状でお悩みの方は骨盤がゆがんでしまっている可能性があります。
骨盤は体の土台という重要な役割を担っているため、骨盤がゆがんでいることで体に様々な症状が現れてきます。そして骨盤のゆがみは背骨にも影響を及ぼし、骨の周りの筋肉に負荷をかけてしまうことによって慢性的な肩こりや腰痛といった症状を引き起こします。

こんな症状でお悩みではありませんか?

そもそもなぜ骨盤はゆがんでしまうのか?

骨盤がゆがんでしまっている方のほとんどの原因が日常生活における『姿勢』と言われています。

例えば、

・デスクワークで一日中座って仕事をしている。
・座るときに足を組んでしまう。いつも同じ方の足を組んでいる。
・いつも同じ方の肩にカバンをかけている。
・歩いている際にスマートフォンを操作している事が多い。
・外出時にハイヒールを履く事が多い。

など、些細な日常の癖や姿勢が積もり積もって骨盤のゆがみに繋がってしまいます。

骨盤のゆがみを矯正する治療方法とは?

当院の骨盤矯正治療は根本改善をモットーとしていますので、骨盤と背骨のゆがみを矯正する施術だけでなく、施術前のヒアリングからゆがみの原因を探し出して、施術後の日常生活にできるセルフケアのアドバイスや改善方法の提示までトータルで行っております。

矯正と聞くと「痛いのでは・・・、」と不安になられる方も多いかと思います。当院では産前の妊婦の方や、ヘルニアをお持ちの方にも痛みや不安なく施術を受けていただける療法に取り組んでいますのでご安心下さい。

産後の骨盤の歪みについて

出産の際、女性の体は赤ちゃんが産道を通りやすくするため骨盤が広がります。出産を終えると自然と元に戻ろうとしますが、育児や家事で毎日体に負荷がかかり、そのままゆがんでしまって固まってしまって、それが原因で腰痛や下半身のむくみ、便秘や冷え性などの症状が起こってしまう事があります。

産後の骨盤矯正は出産からの期間が重要

開いた骨盤が自然に戻るという事はその期間は骨盤が緩んでいる状態という事です。そこから固まってしまうまでが大体1年と言われています。もちろん早期治療のほうが改善しやすいので、当院では産後2ヶ月~6ヶ月のご来院を推奨しています。